カコトリミングスクールカコ動物看護学院の専門的な知識を学ぶ講義室

HOME > 学校案内 > 施設紹介 > 2F第1・2講義室

2F 第1・2講義室

2F第1・2講義室1
2F第1・2講義室2
第1・2講義室 講義室には100インチの特大スクリーン・マイクスピーカーが備え付けられています。
2F第1・2講義室3
犬学(犬の種類・歴史・被毛・骨格など)、行動学(しつけ)社会学(一般常識)、美容・看護理論などの授業があります。獣医学では、開業獣医師による授業が受けられます。また、犬学(犬の種類・歴史・骨格など)、行動学(しつけ)、栄養学のほかに、一般常識やマナーを学ぶ社会学などの授業があります。
2F第2講義室1
2F第2講義室2
獣医師講義 動物看護師のマナー、飼い主様や獣医師とのコミュニケーションの大切さまた、動物看護師としての心構えを現役の獣医師より学んでいきます。
2F第1講義室1
2F第1講義室2
栄養学セミナー 犬のフードについて・食生活による病気など、職場で必要な知識を学んでいきます。
2F第1講義室3
2F第1講義室4
介助犬セミナー 介助犬についての知識と理解を深める為のセミナー。
2F第1講義室5
2F第1講義室6
歯科衛生セミナー 歯石による病気、歯のお手入をする道具の使い方など、詳しく学びます。
2F第1講義室7
2F第1講義室8
行動学 犬の行動学を学び、しつけに対する正しい知識を学びます。
リボン作り お客様に喜ばれるリボンを自分で作ります。
インタビューしたよ!生徒の声
信頼されるトリマーになるため専門知識を学んでいます
社会学の授業では、社会人として働く際に身につけておきたい一般常識から現場で必要な知識を細かく指導してもらえるので、ペット業界に必要とされる知識を学ぶことができます。トリマーは接客業でもあるので、トリミングの技術だけではプロとはいえません。お客様に信頼されるトリマーになるには、元気な挨拶・丁寧な言葉使い・マナー・身だしなみがとても大切なので、学校では日頃から意識して過ごすようにしています。また行動学では、犬のしつけの仕方や犬の行動に対する対処法などを教わります。犬の気持ちを考え、どのように扱ったらいいのかを理解したうえで接すると、自然と犬に対しての扱い方が工夫できるようになってきました。しつけについては、飼い主様に質問されることもあるので、的確なアドバイスができるようにしていきたいです。
生徒1
トリマー科2年生 藤原香織さん
(神奈川県立山北高等学校出身)
業界のプロから学ぶことが一番勉強になります
さまざまな講義の中で、現役の獣医師が教えて下さるので、実際にあったエピソードなどを踏まえて丁寧に指導していただけます。何よりも、いま現場で行なっている最新の情報が聞けるので、将来就職してから活かせることばかりです。また、保定(動物を押さえる事)方法や検査の仕方なども実習を行なう前に教科書で基礎を学び、器具の名称から使い方、カルテの記載方法、動物の体の組織や病気のことまで、動物病院で行なう業務や動物のあらゆることを学ぶことができます。そして、現場で求められている動物看護師に必要な知識・心構えなどは、動物の知識だけでなく、自分がどんな動物看護師にならなくてはいけないのかを学ぶ事ができる授業で、毎回とても勉強になります。
生徒1
動物看護科1年生 大津涼子さん
(向上高等学校出身)
会社説明会1
会社説明会2
会社説明会 求人先による会社説明会。就職希望の生徒たちが真剣に聞きいている様子。
page top