カコトリミングスクール・カコ動物看護学院
受付時間 8:30~17:30
アクセス

在校生の声

HOME在校生の声
浦田菜海さん
トリマー科2年
浦田菜海さん
神奈川県立百合丘高等学校出身
トリミング技術と接客技術を習得してお客様に喜んでいただきたいです!
1年次は校内犬をトリミングしていましたが、2年生はお客様の愛犬を実際にお預かりしてトリミングをします。今まではトリミングの技術をあげることに集中していましたが、自分の技術でお客様が仕上がりに満足いただけるかが気になるなど、とにかく責任感が違うと感じています。また、そのお客様との接客は私たち2年生が行います。最初はお客様から見た自分の印象、接客時の会話力など、心配な点はたくさんありましたが、実際に始まってみると、お客様が優しく接してくださるので接客はとても楽しいです。カコではお客様と接する時間が多いので、接客のスキルも上がってきましたし、ワンちゃんをお返しする際に喜んでくださると次も頑張ろうとやる気に繋がります。
鈴木柚衣さん
トリマー科2年
鈴木柚衣さん
神奈川県立新栄高等学校出身
2年生からは仔犬のお世話がスタート♪仔犬たちの成長が毎日たのしみです
1年生の頃は成犬のお世話をしていましたが、2年生に進級すると、妊娠犬や生まれた仔犬たち、そして子育て中の母犬のお世話が中心になります。カコでは、仔犬だけでも50頭くらいいるので、毎日仔犬の健康管理や食事のお世話を行なって、成長を見守っています。今、一番幸せを感じるのはたくさんの仔犬たちとふれあっている時間ですが、仔犬のお世話は“かわいい”や“幸せ”という気持ちだけではつとまらないので、細かい所も見逃さないように気を引き締めて観察しています。また、入学時から仔犬の誕生に立ち合う機会が何度かあり、命の誕生に感動したと同時に、私たちに貴重な経験をさせてくれた母犬には、「本当にありがとう!」という気持ちになりました!
外崎栞名さん
動物看護科2年
外崎栞名さん
神奈川県立座間総合高等学校出身
「治療実習」「検査実習」「手術実習」、実践的な授業で技術と知識を身に付ける!
1年次で学んだ動物看護の基礎を活かして、2年次は治療実習・検査実習・手術実習などの実践的な授業が多くあります。治療実習では様々な状況時の対処法がわからず、先生の指示を待つことも多かった私ですが、半年経った今では、その場で状況を判断して素早く動けるようになってきました。手術実習も、使用する薬や器具の準備はスムーズに終わります。先日初めて麻酔を担当した時はとても緊張しましたが、獣医師に心拍数や呼吸数を報告して、確認をとりながら無事に成功したことは自信に繋がりました。これから卒業までには不安なことがなくなるように、カコの実践的な授業で自分自身を鍛えていきたいと思います。
寺山千尋さん
動物看護科2年
寺山千尋さん
神奈川県立深沢高等学校出身
出産、育児を経験して命の大切さを実感!仔犬たちを母犬と一緒に守ってあげたい
産室管理実習では、仔犬一頭一頭の成長に合わせて、離乳食を作ってあげたり、健康状態をチェックします。仔犬はとてもかわいいですが、その思いだけでは健康に育ってはいきません。母犬と一緒になって私たちが守ってあげないと仔犬の命は守れないんです。お世話は思いのほか大変ですが、仔犬の成長はとても早く、小さかった子が元気に成長する姿を見ると一生懸命やっていて本当によかったと思います。また、妊娠中の母犬のお世話では、母体に負担がかからないように扱っていくことがとても大事なので、特に保定に気をつけています。出産のサポートも私たちが行なっていくのですが、仔犬が生まれる瞬間は、何度経験しても感動して涙が出てきそうになります。
野田冬萌さん
動物看護科1年
野田冬萌さん
神奈川県立横浜緑園高等学校出身
経験豊富な獣医師と動物看護師の先生に、一から教えてもらえるので安心です!
看護実習では、器具の使い方や体温・心拍数・呼吸数・脈拍などの測定方法を一から丁寧に教えてもらうことができるので、入学する前なにもわからなかった私でも安心して授業を受けることができました。実習は繰り返し行なえるので、最初は気づけなかった犬たちの体調の変化も検査結果をもとに徐々にわかるようになってきました。数値に異常があったときは、行動や排泄などを観察して、獣医師の先生に報告するようにしています。なかには、それが病気の早期発見につながったこともありました。“動物が好き”という気持ちで目指してきた動物看護師でしたが、今では“動物たちの体調の変化に気づいてあげられる動物看護師になりたい”と意識も変わってきました。
阿部愛美さん
動物看護科1年
阿部愛美さん
神奈川県立厚木西高等学校出身
250頭のモデル犬を毎日お世話することで動物の異変に気付けるようになりました!
入学当初は不安な気持ちもありましたが、毎日学校で飼育されている250頭のモデル犬のお世話を行なっていくので、犬の扱い方にも慣れ、徐々に自信もついてきました。授業では、健康管理として便や尿の状態を見て健康チェックをしたり、体格や食欲、皮膚のチェックなど様々なところを見て動物たちの健康を守っていきます。すると、動物の飼育管理中に、最初は気づくことができなかった犬の状態がわかるようになってきました。そして何か気づくと、すぐにカコの常勤獣医師の先生に報告をするようにしています。私たちが気づいてあげることで犬たちが健康を維持できるので、これからも些細な異変も見逃さないように観察していきたいです。
塚田小雪さん
トリマー科1年
塚田小雪さん
神奈川県立吉田島高等学校出身
1人1頭の実習や少人数制の授業!カコで学ぶ授業は将来に繋がることばかり♪
美容実習は1年生の頃から1人1頭で、爪切りや耳掃除、シャンプーやカットなど、毎回違うモデル犬で実習ができるので、犬種や性格による違いを色々と知ることができます。また、実習中は10人に先生1人は必ず付いているので、困ったときは先生にすぐ聞くことができるので安心ですし、先生方は私たちのことをいつも見ていてくれているので教えていただく内容も的確でとてもわかりやすいです。トリマーは、トリミングだけでなく、飼育、接客なども必要なので、身に付けないといけない技術と知識はまだたくさんありますが、カコで学ぶ授業は将来に繋がっていることばかりなので、毎日が本当に楽しいですし充実しています。
山田春果さん
トリマー科1年
山田春果さん
神奈川県立瀬谷西高等学校出身
大好きなモデル犬たちとふれあいながら、学べる環境は私にとって最高です!
カコの校内には250頭以上のモデル犬が飼育されていますが、1年生はそのモデル犬のお世話を担当する飼育管理実習があります。飼育管理実習は、1頭1頭のお部屋を掃除しながらモデル犬を観察するのですが、初めのうちは性格・体格・体質などがそれぞれ違う中でバタバタしながら健康チェックしていました。でも、今では1頭1頭に合わせたお世話ができるようになり、体格・皮膚・被毛・食欲などの細かい健康チェックが早くできるようになりました。そして何よりも実習後にモデル犬たちがきれいになった部屋で喜ぶ姿を見ると、とても嬉しいですし、このかわいいモデル犬たちを自分たちの手で守っているんだと実感します。
江塚真子さん
トリマー科1年
江塚真子さん
神奈川県立市ヶ尾高等学校出身
自分で努力をすればするほど成果が出る美容実習が一番好きな授業です!
トリマーになるためには犬をきれいにするだけではなく、掃除や接客などたくさんのことを身に付ける必要があります。そのためカコではいろいろな授業を学びますが、私はやっぱりトリミング実習が大好きで、毎回の授業がとても楽しいです。ただ思い返すと、最初の頃は犬によって動きや性格が違うので、犬を上手にコントロールできないこともあり、自分にはできないかもしれないと不安になってしまった時期もありました。でも、カコの校内には250頭のモデル犬がいるので、いろいろな性格の犬たちとふれあうことで、段々と犬がいうことを聞いてくれるようになりました。そして何よりも、大好きな犬を自分の手できれいにできるという達成感を感じられるようになったので、自分で努力をすればするほど成果が出る美容実習が一番好きな授業になりました。もちろん、やりがいを実感し始めた美容も大切ですが、カコの授業は全てプロトリマーへつながるので、どんな授業も真剣に取り組んでいきたいと思います。
佐久間裕子さん
動物看護科1年
佐久間裕子さん
神奈川県立湘南台高等学校出身
動物看護と美容のどちらの面でもやりがいを感じています!
カコでは、動物看護科でも美容実習が学べます。動物看護師を目指して入学しましたが、もともとトリミングにも興味があったこともあり、最近は美容実習の日が待ち遠しいです。初めの頃は作業がなかなか進まず苦戦することも多くありましたが、大好きな犬たちを自分の手できれいにしたいという目標があるので、前向きに授業に取り組んでいます。実習では1人1頭で何度も繰り返し行なっていくうちに、さっきまで言うことを聞いてくれなかった犬がだんだん大人しくなり、自分でコツを掴めたとわかる瞬間も多くなってきました。それも、カコでは毎回の授業で異なる犬を実習できるからです。次の授業で美容を担当するモデル犬が変われば、また一からのスタート。でもまた、その犬たちに新しいことを学ばせてもらえる。その繰り返しです。今の一番のやりがいはドライング後に犬がフワフワに仕上げられたときや、リボンを付けてかわいくなったときに先生からトリミングを褒められることです。また動物看護の授業でモデル犬の健康チェックを勉強し、トリミング中に犬の健康状態をチェックできるようになったので、看護と美容のどちらの面でもやりがいを感じられるようになりました!
山田佳奈さん
トリマー科2年
山田佳奈さん
神奈川県立湘南台高等学校出身
トリマー兼動物看護師として就職が決まりました!
私は入学前から、動物病院で働くトリマーに憧れ、夢を叶えるためにカコのトリマー科に入学しました。カコではトリマー科でも獣医学が学べ、動物看護についても身に付くこともあり充実した学校生活を送っています。2年生になり就職活動が始まると同時に、学校求人を見て動物病院に現場実習に行きました。実習先の動物病院では診察や検査、手術などを何度か見学する機会があり、時々、私に出来るのだろうかと不安にもなりました。それでも“大好きな動物たちのために頑張りたい”と思い就職希望を伝えたところ、トリマー兼動物看護師として内定を頂きました。内定先の動物病院は医療設備が整っていて、獣医師も近くにいる環境でのトリミングなので若くて元気な犬はもちろん、高齢のわんちゃんの飼い主様も安心なので今から楽しみです。ただ、病院というだけで動物には怖がれてしまう事もあると思うので、動物に安心してもらえるように常に笑顔でいることを今から心掛けています。学校生活もあと半年。私自身が内定を頂いた病院の雰囲気・スタッフさんたちの人柄に魅力を感じたように、今後、私の事も飼い主様にそう感じて頂くことが目標です!
布つくしさん
動物看護科2年
布つくしさん
神奈川県立中央農業高等学校出身
人にも動物にも好かれる動物看護師になりたいです!
2年生になってから始まった接客実習や就職活動で、外部の方と会話をすることが増え、人との会話の難しさを実感しました。ご来校するお客様や就職活動で会話をする先生方は、性別や年代だけでなく話題も違います。会話をしていく中で、なかなか話が続かなかったり、思うように意思疎通が取れずに、次第に難しいと思うことが増えていきました。特に気になったことは、敬語の使い分けができずに言葉が出てこないことです。そこでまずは初心に戻って言葉使いをもう一度見直しました。カコでは日常的に言葉遣いの指導をしてくださるので、今までも先生や先輩には気をつけて話をしていましたが、さらに普段から言葉使いを意識して、自分からも積極的に人と会話をする機会を増やすように心掛けていたら、話すことがどんどん楽しくなり、自信も持てるようになりました。その後の就職活動でも、実習・面接時の応対を院長先生から褒めていただいた時は、とても嬉しかったです!お客様には“慣れていないから”や“緊張しているから”等の、こちらの都合は理由にはならないので、就職後も上司や先輩・飼い主様への態度・言葉使いに気をつけながら、人に好かれる動物看護師を目指します!
奥村夏美さん
夜間部トリマー科2年
奥村夏美さん
飼い主様の要望に応えられる動物看護師になるため、夜間部トリマー科に入学しました。
私は高校を卒業後、動物看護学科がある大学に進学して、実家の動物病院に就職をしました。実際に動物病院で働き始めてからわかったことですが、飼い主様からのご要望で多いのがシャンプーやカットなどのトリミングでした。実は、大学では動物看護の勉強はできたのですが、トリミングは一切教えてもらうことができなかったので飼い主様のご要望にお応えすることができませんでした。そこで、飼い主様の要望に応えられる動物看護師になるため、夜間部トリマー科に入学しました。美容実習は、入学してすぐは基礎を磨くため校内250頭のモデル犬を1人1頭まかされ、耳掃除や爪きり、シャンプーを繰り返し学び、そして2年生になると近隣のお客様の犬を預かってカットを行ない、トリミングの基礎と応用を段階的に学ぶことができました。個々の成長段階によって犬を変更したり、実習のときは経験豊富なトリマーの先生から1人1人に合わせて指導をしてくれるので、1人で仕上げまでできるトリミング技術を身につけることができました。将来は、入院している犬や老犬などを体に無理なくケアをしてあげて、飼い主様のご要望にお応えできるプロになりたいと思っています。
大橋朱夏さん
トリマー科2年
大橋朱夏さん
神奈川県立永谷高等学校
カコの先生は明るくて元気な先生ばかりです!
カコの先生はメリハリのある先生ばかりでとても勇気づけられます。先日もカコの体育祭の紅葉祭で、普段真剣にトリミングや授業をしている先生と思いっきり楽しんだり、そうかといえば、授業中はきめ細かいアドバイスをしてくださるので、とても参考になります。また、実習中の先生の多さには入学してからビックリしました。でも先生の多さは、1人1頭でトリミングの実習を行うので、近くに先生がいてくれる環境が大切だと実感しました。そして、気になることは近くの先生に確認できるし、それぞれの先生のアドバイスも的確でわかりやすい。だから、犬の保定の仕方など、犬によって違うことや、先生の犬の扱い方を教えてくださるので、入学当初より犬たちの扱い方が良くなってきています。でもそれだけではなく、接客技術も身につけなければトリマーにはなれないので、カコの先生のように「明るく・元気で・笑顔」をまずは身につけ、そして2年生になってからの接客実習でお客様とやり取りをたくさん経験して接客応対を身につけたいと思っています。
青木小百合さん
トリマー科2年
青木小百合さん
神奈川県立弥栄高等学校出身
自分が大好きな動物たちの近くにいれるトリマーになりたいと決めて、カコに入学しました。
私は、小さい頃から動物が大好きで近くのペットショップに遊びに行って、トリミングしているところをよく見ていました。また自宅に愛犬もいたので、ペットショップにカットをお願いしてキレイになって帰ってきたときは毎回とっても嬉しくて、「トリマーさんってすごいな!」と感動したのを今でも覚えています。そのお店ではトリミングに預けると愛犬のトリミング中の様子や美容内容が書いてあるチェックシートを渡されるのですが、それを見るのも楽しくて好きでしたね。そして、高校生になって進路を考えるときに大学進学と迷ったのですが、最終的には自分が大好きな動物たちの近くにいれるトリマーになりたいと決めて、カコに入学しました。現在は2年生になり、先日ペットショップへの就職も決まり、憧れのトリマーに一歩ずつ近づいていることを実感しています。これからの目標は、大好きな動物とお客様に信頼されるトリマーになることです。お客様が「また、このお店に来たい!」といってもらえるお店を作っていきたいと思っています。
西野悠稀さん
トリマー科2年
西野悠稀さん
神奈川県立伊勢原高等学校出身
校内にモデル犬たちがいて、すぐに確認できる環境はとても大切です
カコには校内に250頭のモデル犬が飼育されていて、その飼育管理を私たち1年生が担当しています。先日、座学の「犬学」でポメラニアンを学びましたが、たとえば毛色について勉強したあと、モデル犬たちの部屋に入って実際にポメラニアンを見ると「なるほど!」と思います。校内にモデル犬たちがいて、すぐに確認できる環境はとても大切です。また、校内のモデル犬たちがいるからこそ、たくさんの犬をトリミングできて、犬を上手にコントロールできたとき、やりがいを感じられます。それも、毎日私たちを見てくださるカコの先生たちのおかげです。カコに入学するときに高校の進路の先生からトリマーになるならカコに行くように指導され、素直に入学してみると、魅力ある先生たちばかりで、授業を受けてみて理由がわかりました。将来はペットショップに就職してトリマーとして頑張っていきたいので、トリミング技術だけでなく、挨拶や言葉遣いなどのマナーを身につけ、飼い主様に信頼されるようになりたいです!
向井優里奈さん
トリマー科2年
向井優里奈さん
神奈川県立平塚湘風高等学校出身
入学してから初めて犬の出産を見ました
カコに入学してから初めて犬の出産を見る機会がありました。最初は緊張や怖さもありましたが、今では何度も出産を経験しているので、出産のときのサポートの仕方や注意する点などを先生から聞いて、犬の出産にいつでも立ち会えるように勉強をしています。また、2年生になって産室管理実習も始まり、生後間もない仔犬から数ヶ月の仔犬まで50~100頭ほどの育児をしています。仔犬のお世話の授業前は、いつもウキウキ・ワクワクしてとっても楽しみな授業です。実習では離乳食作りや排泄、健康チェックなどを分担して行なっていますが、仔犬の成長は本当に早くて1週間見ないだけで大きさが全然ちがってビックリすることもあります。ただ、仔犬のお世話は成犬に比べるとチェックするポイントや注意事項が多くて実習を通して難しさも知りました。わたしは、トリミングはもちろんですが健康チェックや飼育までできるトリマーになりたいと思っているので、毎日のお世話の授業でまずは学校のモデル犬たちの健康を守れるように頑張っていきます。
田村朝美さん
トリマー科1年
田村朝美さん
神奈川県立横浜立野高等学校出身
今では、動物の健康状態がわかるようになりました!
私は、今まで犬を飼った経験がなかったので、犬の知識や扱い方など入学するまで何も知りませんでした。入学当初は不安な気持ちもありましたが、毎日学校で飼育されているモデル犬たちのお世話を行なっていくので、犬の扱い方にも慣れ、徐々に自信もついてきました。授業では、健康管理として便や尿の状態を見て健康チェックをしたり、体格や食欲、皮膚のチェックなど様々なところを見て動物たちの健康を守っていきます。すると、動物の飼育管理中に、最初は気づくことができなかった犬の状態がわかるようになってきました。そして何か気づくと、すぐに専属の獣医師に報告をするようにしています。私たちが気づいてあげることで犬たちが健康を維持できるので、これからも些細な異変も見逃さないように観察していきたいです。
錦織里奈さん
動物看護科1年
錦織里奈さん
神奈川県立大和東高等学校出身
飼い主様にわかりやすくアドバイスができる知識をしっかり身に付けたい
私が好きな授業は看護実習ですが、そのなかでも薬理学実習は特に興味があります。薬理学実習は様々な実習を行いますが、今はシリンジに針を付けて薬液を吸う練習を強化中です。必要量を正確に準備できるように、少し時間を多くとって練習をしていますが、この作業は本来短い時間で素早く準備をしなければいけないので、もっともっと練習を重ねて慣れていきたいと思います。その他にも薬理学実習では薬を準備して実際に犬に投薬をしますが、犬がなかなか薬を飲んでくれないこともあります。薬の種類も様々で甘くて飲みやすいものから、苦くて飲みにくいものもあるので、犬たちの様子を見ながらフードに混ぜたり、直接口に入れたり、水に溶かしたり…と、いろいろな方法を試しています。この投薬の仕方について私が苦戦していることは、飼い主様がご自宅で投薬するときに苦労する所だと思います。動物看護師は飼い主様と話をすることも多い仕事なので、将来しっかりアドバイスができるように、私自身が技術を習得しておきたいと思います。
品田美波さん
トリマー科2年
品田美波さん
神奈川県立厚木商業高等学校出身
お客様との接客の時間が楽しみです!
1年生の時には校内のモデル犬をトリミングしていましたが、2年生に進級してお客様の愛犬を担当させてもらうようになってからは、学校のモデル犬との違いに戸惑うことがありました。例えば、お客様の愛犬は初めて会う犬ばかりで性格がわかりません。また、学校のモデル犬は全身毛玉や爪が伸びているということはないのですが、お客様の愛犬は状態が様々です。実はトリミングの技術で悩んだ時期も少しありましたが、お客様にわんちゃんをお返しした時に喜んでいただけるととても嬉しく、「ありがとう」という言葉で、“明日も頑張ろう”と前を向くことが出来ました!なかなか実際のお客様とふれあえる機会は得られないので、2年生になってから本物のお客様と接客することはとても貴重な時間です。また、私はとにかくトリミングが大好きなので、好きな犬のことを学べていること自体とても幸せですし、学校生活が本当に充実していて毎日が楽しいです。卒業まで半年を切り、この幸せな学生生活が終わってしまうという寂しさや、社会に出る不安はありますが、学び残すことがないように1日1日を大切に過ごしていきたいです。
後藤わかなさん
トリマー科1年
後藤わかなさん
神奈川県立山北高等学校出身
座学で基礎を学び、実習に繋げます!
1年次はトリミング実習や飼育管理実習などの他にも様々な講義があります。例えば1人1頭でトリミング実習できる環境があっても、道具の使い方や犬種ごとの具体的なトリミング方法を知らないと、どのようにトリミングしたらいいかわかりません。そこで、まずは教科書で理論を学び、その後映像を見ながら解説を受けます。カコの教材ビデオは言葉で理解できなかったことでもイメージが付きやすく、しかも自分でトリミングしている目線で映像が作られているので、「この前DVDで見た所だ!」と、すぐに実習に使えるのでトリミングがもっと楽しくなります。また、犬の詳細な知識を学ぶ犬学の授業も今まで知らなかったことを学べる嬉しさや、原産国・骨格・サイズ・毛色など様々なことを学んでいく中で、トリマーとして必要な事は、美容の知識や技術だけではないと知りました。犬とふれあいながら技術を学ぶことはもちろんですが、初めて行う作業の前に、座学で基礎を教わることも大切なんだと改めて実感しました。まだまだ勉強中ですが、1年生のうちに基礎をしっかり固めて、犬の気持ちがわかるトリマーになりたいと思います。
江成葉月さん
トリマー科2年
江成葉月さん
神奈川県立相模原総合高等学校出身
心強いサポートが就職に結びつきました。
2年生の6月から本格的に就職活動が始まりますが、1年生の時から就職に関する心構えや基礎知識のガイダンスがあり、履歴書の書き方から電話でのアポイントのとり方、面接指導まで就職活動の具体的な進め方を学びます。カコにはペットショップ・動物病院から毎年数多くの求人票がくるので、その中から自分の希望するところを選ぶことができ、就職先の相談から内定を頂くまで担任の先生や就職担当の先生が親身になってサポートしてくださいます。また、求人先の多くはカコを卒業した先輩方が勤めている所なので、就職したときに同じ職場に先輩がいることがとても心強いです。
猪口美波さん
トリマー科2年
猪口美波さん
神奈川県立百合丘高等学校出身
大好きな動物・友人・先生達と毎日楽しい学校生活を送っています!
高校生の時にトリマーを目指そうと決めて、カコの体験セミナーに参加をしました。実際に学校を見学すると、校舎がとてもきれいで、先輩方のトリミング姿は真剣でかっこ良く、そして1人1頭で実習ができる、250頭のモデル犬という飼育頭数の多さに魅力を感じてカコトリミングスクールに入学を決めました。入学して半年ほど経ちましたが、入学前にイメージをしていた学校生活そのままで、とても楽しい毎日を送っています。カコの先生方はみんな明るくて優しいですが、授業中は厳しく指導をしてくださいます。トリマーという生き物を扱うプロになるためには、真剣に指導していただける環境がとてもうれしく、いつも新鮮な気持ちで授業に臨んでいます。ただ、少しだけまわりの友人と自分を比較して技術の差に悩んでしまった時期がありました。でも、担任の先生は私の相談をいつも最後まで聞いて下さり、体験談も含めて的確なアドバイスをしてくださるので、先生と話をするだけでとても気持ちが軽くなりました。クラスメイトにも恵まれ、好きな動物の授業を毎日受けられる今こそが、これまでの学校生活中で1番楽しいです!
新倉桃笑さん
トリマー科1年
新倉桃笑さん
神奈川県立横浜緑園高等学校出身
犬の出産を通してトリマーに対する意識が変わりました!
カコに入学をして、「犬の出産が見たい!」とワクワクしていると、すぐにその日がやってきました。もうすぐ出産する陣痛中の母犬に合わせて一緒に呼吸をするなど、クラスメイトと静かに応援を続け、ついに出産に立ち会うことができました!生まれる瞬間を目の当たりにして、自然と涙がこぼれ、母犬には「頑張ったね」と思わずみんなで拍手をしました。今でも最初に出産に立ち会った事は鮮明に覚えています。その後も何度か出産に立ち合うことができ、改めて命の誕生の素晴らしさを感じています。そして、ますます大好きな犬のことを知りたいと思い、犬のしつけの授業でもある行動学という講義に興味を持つようになりました。犬を飼ったことがない私は、犬の習性やしつけの方法を知りませんでしたし、飼い主様の困っていることや疑問がわかりませんでした。だからこそ、たくさんの授業を受け、カコの校内にいるモデル犬たちとふれあいたいながら学びたいと思っています。そして、動物のプロとしての知識をしっかり身に付けてから、全ての犬たちが幸せに暮らしていけるサポートができるトリマーになりたいです。
皆川詩織さん
動物看護科2年
皆川詩織さん
神奈川県立荏田高等学校出身
卒業までの貴重な時間を大切にしています!
1年生の時は動物看護の基礎を学ぶために、座学と実習を交互に繰り返し学びました。より専門的に学んでいくと、犬に対して“かわいい”という目線から“看護”の目線で見ることが出来るようになってきました。その意識が変わったころの2年次になると学校で飼育している250頭のモデル犬のワクチン接種やフィラリアの検査・投薬は、獣医師と私たち動物看護科2年生が担当するなど実習が飛躍的に多くなります。だからこそ、ワクチン接種の薬やシリンジ(注射器)準備、犬の健康チェック、フィラリア検査の採血保定、採血後の血液検査などを何度も実践できるので、精度もスピードも自信を持てる技術が身に付いてきました。それだけでなく、就職活動で動物病院を研究すればするほど、現場で必要とされている事がわかってきたので、自分が苦手なものや疑問に思った内容はすぐに先生に質問をするようにしています。学校で勉強ができるのは今だけ!就職してからは即戦力として働きたいので、卒業までの残りの期間を同じ目標を持った仲間たちと切磋琢磨しながら学びたいと思います。
吉村みさきさん
動物看護科1年
吉村みさきさん
神奈川県立磯子高等学校出身
美容・飼育管理について
カコを選んだのはもともと姉がトリマー科を卒業して技術指導がしっかりしていて、就職に近いことが理由です。私も小さい頃から動物が大好きで、看護の面からも動物をサポートしたいと思い動物看護師を目指しました。ただ、カコの動物看護科は動物看護の技術だけではなく、様々な勉強を幅広く勉強できます。例えば、動物病院では動物看護師であってもトリミングの技術が必要ですが、カコでは動物看護科でもトリミング実習があり、プロトリマーの先生方から近くで細かく学べるので、少しずつ技術が身についてきました。今では苦手だったドライングがきれいに出来るようにもなり、自分なりに成長を感じています。また、毎日学校のモデル犬を飼育しながら犬の観察力を付けています。犬舎掃除をしながらも、隣の犬舎のモデル犬が体を舐めたり痒がったりしていないかを観察したり、犬を抱くとき、しっかり押さえた方が安心するのか、優しく抑えた方が落ち着くのか犬によって違ったり、体質によってフードの種類も変えたりしています。このように学ぶ範囲は広いですが、大好きな動物のためになる勉強が全て楽しいです。将来はトリミングが上手な動物看護師を目指して頑張ります!
小野郁美さん
トリマー科2年
小野郁美さん
神奈川県立平塚商業高等学校出身
カコの先輩のようなトリミング技術と接客応対を身に付けたいです。
2年生に進級して、大きく変わったところは美容実習の内容です。1年次は校内のモデル犬をトリミングしていましたが、2年生はお客様の愛犬を実際にお預かりしてトリミングをします。今まではトリミングの技術をあげることに集中していましたが、自分の技術でお客様が仕上がりに満足いただけるかが気になるなど、とにかく責任感が違うと感じています。また、そのお客様との接客は私たち2年生が行います。最初はお客様から見た自分の印象、接客時の会話力など、心配な点はたくさんありましたが、実際に始まってみると、お客様が優しく接してくださるので接客はとても楽しいです。カコではお客様と接する時間が多いので、接客のスキルも上がってきましたし、ワンちゃんをお返しする際に喜んでくださると次も頑張ろうとやる気に繋がります。私が内定を頂いている就職先にはカコの卒業生が働いていて、その先輩はお店で1番お客様から指名される回数が多く、中には片道2時間かけて通われているお客様もいます。トリミングはもちろん接客している姿を間近で見ていて、強い憧れを持っています。日々の授業をしっかり学んで、カコの先輩のようなトリマーになれるよう、頑張ります。
米澤 舞さん
トリマー科1年
米澤 舞さん
神奈川県立生田東高等学校出身
犬の知識と技術を兼ね備えたトリマーになりたい。
私は、もともと犬が大好きで昔から犬の雑誌や図鑑を見ることが趣味だったので、カコトリミングスクールに入学して犬学(けんがく)が始まると、ますます犬の知識について興味を持ち惹かれるようになりました。犬学は、各犬種の歴史や理想のサイズ・毛色・特徴などを細かい知識を学ぶ授業ですが、カコでは学んだだけでなくすぐに校内のモデル犬で確認できるので、少しずつプロの目線で犬を観察できるようになってきたと感じています。また、知識だけでなくトリミング実習も日々頑張っていますが、入学前から自宅で飼っている犬の爪切りやシャンプーを自己流でしていたころと比べ、仕上がりが全然違うことを実感しています。プロになるためには知識も技術もしっかり学ぶ必要があり、毎回の授業がトリマーへの道を1歩ずつ進んでいると思うと喜びを感じる毎日です!今までは“趣味”として接してきた動物の世界ですが、今後は“仕事”として自分のものにしていかなくてはいけないので、正しい技術を真剣に学んで、信頼されるトリマーを目指したいと思います。
高山芽依さん
動物看護科2年
高山芽依さん
東京都立青梅総合高等学校出身
先生方のサポートがあり、無事に就職が決まりました!
入学してから毎日、モデル犬たちから様々な事を学んでいく中で、段々自分が理想とする動物看護師としてのイメージが湧いてきたころに就職活動が始まりました。1年次から就職ガイダンスがあり、“就職活動の流れ”については理解していたのですが、実際に電話を掛ける前はやはり不安と緊張でいっぱいでした。でも、就職部の先生や担任の先生がマンツーマンで電話応対の練習をして下さり、落ち着いて掛ける事ができました。その後いくつかの動物病院に実習をさせてもらい順調に就職活動をしていましたが、途中で少しだけ就職について悩んだ時期がありましたが、担任の先生に相談をすると、就職活動の的確なアドバイスをいただけました。そして、実習先の動物病院から「ぜひうちで働いてほしい」と内定を頂きました。本当に嬉しかったです。就職してからは、飼い主様が話をしやすい雰囲気を作り、不安や悩みを解消できる動物看護師になることが目標です。なぜなら飼い主様のサポートをすることこそが動物の幸せに繋がると思っているからです。早く仕事を覚えて立派な動物看護師に慣れるよう、今出来る事は精一杯努力をしていきたいと思います!
百瀬美彩さん
動物看護科2年
百瀬美彩さん
神奈川県立横浜立野高等学校出身
2年生になり、より実践的な看護実習でさらに観察力が身に付きました!
進路は動物分野に進みたいと考えていた高校生の時に、部活の先輩がカコ動物看護学院に進学をしました。学校生活や学んでいる内容を聞けば聞くほど興味を持ち、先輩と同じようにカコで動物看護師を目指すことに決めました。入学後、動物看護の初歩(基礎)から学んでいく中で、言葉が話せない動物は「どこが痛いのか」「いつから苦しいのか」などを伝えることが出来ないことを改めて理解しました。そこで必要なのは私たちの観察力です。元気に見えても油断せずに、注意深く見ることを心掛けています。また2年次になると、より深く治療実習や担当犬管理を学び、モデル犬の診察補助や治療・検査を頻繁に行うようになりましたが、技術以上に飼い主様の存在が大きいという事を感じました。内定先の動物病院でも飼い主様と会話をすることが増え、今までは動物の事だけを考えていたのが、飼い主様の事も考える時間が増えました。わかりやすく説明をする事は難しいですが、飼い主様に良い印象を持ってもらえるように、学校の接客実習でお客様の会話に慣れていきたいです。そして、動物にも飼い主様にも信頼される動物看護師になることが目標です。
渡部琴音さん
トリマー科2年
渡部琴音さん
川崎市立幸高等学校(旧:川崎市立商業高等学校)出身
仔犬が誕生したときの感動は今でも忘れません!
1年生は成犬のお世話をしていましたが、2年生に進級すると、妊娠犬や生まれた仔犬たち、そして子育て中の母犬のお世話が中心になりました。母犬のお世話をする時に気を付けていることは、産後の母体の体力回復具合や母乳の出を確認することです。お部屋には小さな仔犬もいるので、衛生面をこまめにチェックして、体のお手入れが必要であればすぐに行なうようにしています。母犬には健康な状態で子育てをしてほしいですし、きれいな状態を保ってあげることで、仔犬たちも快適な環境で育つことができるので気を付けて毎日お世話をしています。そして今、一番幸せを感じるのはたくさんの仔犬たちとふれあっている時間です。ただ、仔犬のお世話は“かわいい”や“幸せ”という気持ちだけではつとまらないので、細かい所も見逃さないように気を引き締めて観察しています。また、入学時から仔犬の誕生に立ち合う機会が何度かあり、ダックスフンドの赤ちゃんの臍(へそ)の緒を結んで体をきれいにした経験は今でも鮮明に覚えています。命の誕生に感動したと同時に、私たちに貴重な経験をさせてくれた母犬には、「本当にありがとう!」という気持ちになりました!
讃渡菜々さん
トリマー科1年
讃渡菜々さん
東京都立野津田高等学校出身
モデル犬たちと一緒にいられる時間がとても幸せ!
トリマーを目指すと決めたとき、“自宅で犬を飼っていない”という不安が1つだけありました。でもカコトリミングスクールの体験セミナーに参加してみると、校内に250頭のモデル犬が飼育されていて、毎日犬とふれあえる事を知り、すぐにその不安は解消されました。しかも、カコには授業時間外でもモデル犬とふれあえる“カコクラブ”があります。入学前からカコクラブに入部をしようと思っていましたが、実際入部すると授業時間外でモデル犬たちと一緒にいられる時間がとても幸せです。でもただふれあっているわけではありません。散歩中の歩き方や排泄物の観察など健康チェックをする機会も増え、犬の体調管理ができるようになり、動物のプロになるために役立っているなと実感します。また、わからない所は先輩が優しく教えてくれるので、それも自分の勉強になっている毎日です。授業だけでは接する機会がなかった先輩や動物看護科のみんなと話をすることも良い刺激になりますし、先生方が企画してくださるカコクラブのイベントも本当に楽しいです。これからも自分自身も楽しみながら、カコクラブを盛り上げていきたいと思います!
中野由花さん
トリマー科2年
中野由花さん
東京都立富士森高等学校出身
カコクラブは部員全員が仲良く活動しています!
私は犬を飼ったことがなかったので、たくさんの犬とふれあえるカコクラブに興味があり、入学してすぐに友人と体験入部に参加をしました。先輩方の仲の良い雰囲気がとても印象的で迷わず入部を決めました。カコクラブでは、ドックランでモデル犬たちのお散歩だけでなく、仔犬のお世話やモデル犬の体のお手入れなどをしています。カコクラブで毎日犬とふれあうことで、様々な性格の犬を見ることができ、犬とのコミュニケーションの取り方が、もっとわかるようになりました。また、犬が散歩している時の歩き方や排泄物のチェックを繰り返し行うことで、健康チェックが自然にできるようにもなりました。たくさんのモデル犬をお散歩に出し、大好きな犬たちと遊ぶことこそが、トリマーとしての技術・経験に繋がっていることがとても嬉しかったです。2年生になった今年はカコクラブの部長として、学科や学年が違う部員たちをまとめてきました。先輩・後輩の役割もしっかりしつつ、和気あいあいとしたクラブの雰囲気が続くよう、卒業まで、そして卒業後も部員たちと良い人間関係を築いていきたいと思っています。
佐々木美咲さん
動物看護科2年
佐々木美咲さん
神奈川県立橋本高等学校出身
動物看護の基礎をしっかり学び、その上に専門的な技術を積み重ねていきたい!
動物が大好きで、人と接する仕事がしたいと思っていた私は、動物看護師という職業を知った時“この仕事しかない”と運命を感じました。実際カコに入学すると1年生では基礎知識を学び、2年生に進学してからは、より専門的な知識や技術を講義や実践を通して身に付けています。例えば治療実習では、獣医師が治療をするときの保定を行なっていますが、治療する箇所や獣医師によって保定方法が違うので、1番良い方法は何かを考えながらサポートをするようにしています。また、血液検査は、他の検査よりも検体を作るのが難しいのですが、昨年からの繰り返しの練習があったので今では行なえるようになりました。そして、初めての手術実習は少し不安もありましたが、いざ始まると自分でも驚くほどスムーズに手術のサポートができてあっという間に終わっていました。これも1年生の時に手術器具の名前を必死に覚えたり、麻酔器などの使い方を勉強したからだと思います。今こうして、その場に応じて対応できるようになったのは、たくさん実習を繰り返せる環境があったからです。基礎をしっかり学び、その上に専門的な技術を積み重ねて身に付けていくことが大事だと実感しました。
小笠原未来さん
トリマー科2年
小笠原未来さん
神奈川県立上鶴間高等学校出身
しつけの授業はとても貴重な知識と技術を学べる、仕事に直結する授業です!
私は今まで家で犬を飼ったことがなかったので、学校で学ぶ行動学やしつけの授業がとても新鮮でした。以前は、犬はトイレを自然に覚えるものだと勘違いしていましたし、飼い主さんがしつけの何について困っているのかがわかりませんでした。それが授業を受けるごとに、トイレのしつけ・留守番中のいたずらや無駄吠えなどの問題行動が出る場合があることを知り、その改善方法を勉強してきました。1年生の時に行動学で犬の習性を学び、ドッグトレーニングセミナーではしつけを実際に見て勉強し、2年生のしつけ研修旅行では自分たちもしつけの実践をしました。しつけをするときの犬とのコミュニケーションの取り方、トイレトレーニング、散歩のマナー、アジリティーなどを全般的に学び、今では飼い主様からどんな質問があがっても答えられるようになってきたと思います。また、犬の行動学を学んだことでトリミングに活かせる部分もたくさんあり、犬が嫌がった時の対応方法が増え、叱る・褒める時のタイミングも使い分けられるようになりました。行動学やしつけの授業はとても貴重な知識と技術を学べる、仕事に直結する授業だと実感しています。
梅田僚太さん
トリマー科2年
梅田僚太さん
東京都立小川高等学校出身
お客様に喜んでいただける接客にやりがいを感じています。
中学生の時からの夢を叶えるためにカコトリミングスクールに入学をしました。いざ授業が始まってみると、自分の中では頑張っているつもりでしたが、周りのみんなの意識の高さ・目標に向かって努力をする姿に刺激を受けて、自分の甘さに気が付き授業に取り組む姿勢が変わりました。特に美容実習では、自分の苦手な作業を徹底的に練習して、何度も先生に質問をしました。また、逆にできた所や仕上がりに自信がある所も見ていただいて、アドバイスをいただくことも心掛けました。そして何よりクラスメイトは良いライバルなので、時間配分やカットのラインなどを人と比べることで、モチベーションを上げています。また、2年生から始まる本物のお客様との接客実習もとても楽しく、些細な会話から自分が勧めたカットスタイルや商品を喜んでいただけることにもやりがいを感じます。僕は全国に店舗を持つ会社に就職が決まっているので、色々な地域でたくさんのお客様とふれあいながら、トリマーとしての技術を上げていきたいと思います!
高橋茜さん
動物看護科2年
高橋茜さん
神奈川県立伊勢原高等学校出身
カコの実践的な授業で自分自身を鍛えていきたい!
1年次でしっかり学んだ動物看護の基礎を活かして、2年次は治療実習・検査実習・手術実習などの実践的な授業が多くあります。治療実習では様々な状況時の対処法がわからず、先生の指示を待つことも多かった私ですが、半年経った今では、その場で状況を判断して素早く動けるようになってきました。手術実習も、使用する薬や器具の準備はスムーズに終わります。先日初めて麻酔を担当した時はとても緊張しましたが、獣医師に心拍数や呼吸数を報告して、確認をとりながら無事に成功したことは自信に繋がりました。また、検査実習中に一度、どのモデル犬の検体かわからなくなってしまったことがありました。学校には常に250頭のモデル犬がいるので、排泄物も血液も検査が必要な時にすぐに採取することができますが、これが現場で飼い主様が連れてこられた場合だったらそうはいきません。検査の手順だけではなく検体の扱いの大切さも同時に学ぶことができました。カコの実習は、手術や治療などの処置をするまでの準備や確認をすることを全て勉強することができます。これから卒業までには不安なことがなくなるように、カコの実践的な授業で自分自身を鍛えていきたいと思います。
石下谷夏奈さん
動物看護科1年
石下谷夏奈さん
神奈川県立大船高等学校出身
動物に合わせた対処ができるようになることが目標です!
私が今、特に技術をつけたいと思っている授業は保定実習です。初めのうちは“犬とふれあえる”という理由で1番好きな授業だったのですが、学べば学ぶほど保定の難しさや重要性がわかってきて、「この技術を絶対に身に付けたい!」という意識に変わってきました。保定は簡単なように見えますが、会話ができない動物相手だからこそ、犬たちが嫌がる理由を本当にわかってあげられないので、動物の気持ちを汲み取ることが難しく感じます。そして、自分の技術不足で時間がかかってしまうと、動物の負担になり、また飼い主様や獣医師を待たせてしまうことになります。そこで今は、治療自体を怖がっているのか、おさえる保定が嫌なのかを見極めて、性格に合わせた対処ができるようになることを目標にしています。その目標があるからこそ、とにかく積極的に学ぶようにしています。今までの私はあまり前に出るタイプではありませんでしたが、カコに入学をしてから、自分から積極的に行動をして、様々な経験を積むことで技術を身に付けることを学びました。今後も動物看護師になるためのスキルをあげられるように、そして就職してから動物たちのためになるようにこれからも頑張ります!
横倉友美さん
トリマー科2年
横倉友美さん
神奈川県立上溝高等学校出身
ただキレイに可愛くできるトリマーではなく、健康まで守れるトリマーになりたい
カコのトリマー科では動物看護の授業もあって、最初はなんでトリマーなのに動物看護の勉強をするのだろうと思っていました。ただ、体調が悪いときにトリミングはできませんし、また動物看護の勉強をしていたことで、トリミング中に犬の耳が赤かったり、腫れていたりなどの異常や、目の異常などに気づくことができたことがあります。動物看護の勉強をすることで今までとは違った健康を守る意識が強くなって、ただキレイに可愛くできるトリマーではなく、健康まで守れるトリマーになりたいという意識にも変わりました。また、その他にもワクチンの種類やワクチンを接種するときの保定を獣医師の先生から教えてもらうこともできて、動物の関する知識が幅広く身につけることができます。わたしは、カコに入学してから初めてトリマーはトリミングだけの仕事ではないと知りました。これから、さらにたくさんのことを学んで動物たちと飼い主様に信頼されるトリマーになれるように頑張っていきます。
石橋香織さん
トリマー科1年
石橋香織さん
柏木学園高等学校出身
充実したやる気になる環境です!
カコは、美容実習中の1人1頭での実習や、校内250頭のモデル犬の飼育管理など、動物とふれあう授業が多いことが魅力です。また、2年間の授業スケジュールが決まっていて、基礎から実践まで段階的に学ぶことができるので、入学当初は不安でしたが今では日々技術が身についているのを実感しています。実習はすべて少人数制の授業なので、わからないことやできないところを細かく見てもらうことができます。そして何よりも、カコの先生はみんな明るい先生ばかりでとても話しやすく、一人ひとりをしっかりと見てくださるので、いつもアドバイスが的確でわかりやすいです。その他、獣医学や犬学などの講義や接客応対を実践的に学ぶことができるので、技術はもちろんですが現場で求められる社会常識も身につけることができ、充実したやる気になる環境で授業を受けています!
大木咲枝さん
動物看護科2年
大木咲枝さん
神奈川県立橋本高等学校出身
「ありがとう」とお客様に喜んでいただける美容が大好きです。
カコでは動物看護科にもトリミング実習があります。しかもトリマー科同様に1年生の時は学校のモデル犬と一緒に基本を学び、2年生になると接客の勉強もかねて、お客様の愛犬をお預かりして学べます。振り返ると“学校のモデル犬”と“お客様の愛犬”という、この差が非常に大きかったですね。というのも、愛犬には飼い主様がいるというプレッシャーから、今までできていた作業も臆病になったり、慎重になりすぎて時間がかかってしまう時期もあったからです。でも、先生に何度も質問をしながら、その重圧を乗り越えたことで、今では美容が大好きになりました。そして、自分たちが仕上げた犬たちを「キレイにしてくれてありがとう」とお客様に喜んでいただけると、とても嬉しく、やる気に繋がります!現在2年生になり就職活動が始まって、このまま大好きな美容が続けられるよう、トリミングルームを併設している動物病院を探して活動を行っていました。そんな時に、カコに会社説明会に来て下さった動物病院に興味を持ち、その場で実習のお願いをして、先日内定を頂きました!それも担任の先生が親身に相談に乗ってくださったお陰です。先生方、本当にありがとうございました!
相原佳菜さん
動物看護科1年
相原佳菜さん
神奈川県立大和西高等学校出身
ある動物看護師さんと出会ったことがきっかけで私も動物看護師を目指すようになりました。
愛犬がお世話になっていた動物病院の、ある動物看護師さんと出会ったことがきっかけで私も動物看護師を目指すようになりました。その動物看護師さんには、以前愛犬が病気をして手術・入院・通院をしている時期にとてもお世話になりました。入院中の細かい様子を教えてくれたり、退院後に家で行なうケアの方法を親切に指導してくださいました。飼い主として、不安を抱えていた時に親身に相談に乗ってもらい安心できたこと、また何より、愛犬を含め家族全員の支えになってもらいました。そんな経験をきっかけに、私も動物を助ける仕事をしたい、そして自分がしてもらったように飼い主さんのサポートもできる動物看護師になりたいと思い、この道を志しました。そしていま私は、その方が卒業されたカコ動物看護学院を選び学んでいます。まだ学び始めたばかりですが、今後たくさんの事を勉強して、将来は動物にも飼い主さんにも信頼され、心の支えになれる憧れの動物看護師になりたいです。
鈴木明人さん
トリマー科1年
鈴木明人さん
東京都立秋留台高等学校出身
動物が好きから始まったトリマーの道。技術を伸ばして信頼されるトリマーを目指します!
トリマーになろうと思ったきっかけは、もともと小さい頃から「動物が好き」ということと、高校生の頃に高校の進路ガイダンスでカコの先生方が来てくださり、目の前でトリミングしている時の姿がとても格好良く、その姿に憧れたからです。そして何よりも、好きな犬と関わり、犬のためにしてあげられることがたくさんある職業でもあるからです。トリマーは、まだまだ男性が少ない職業になりますが、その中で自分がどれだけできるのか挑戦したいとも思っています。そして、カコで美容の技術はもちろん、お世話や接客などの技術をしっかりと学んで、将来は『あなたに任せたい』と言っていただけるような信頼されるトリマーになりたいと考えています。
網谷沙希さん
トリマー科1年
網谷沙希さん
神奈川県立伊勢原高等学校出身
250頭のモデル犬を毎日飼育管理しています。
カコの校内で飼育されている250頭は毎日私たち1年生がお世話しているのですが、入学して半年経った今でも飼育中に新しい発見があって充実した日々を送っています。そして、学んだからこそわかるのは、トリマーといっても動物のプロなので、“飼育(お世話)”することが特に重要だということです。飼育管理では、入学してすぐに犬舎の掃除方法や健康チェックの基本を学び、毎日モデル犬の様子を見ることで、掃除のスピードが速くなってきました。次第にモデル犬の爪や耳・皮膚の状態を確認する余裕が出てきたり、排泄物の匂いや色などを見て正常・異常を判断できるようにもなり、今ではトリミング前に犬の状態をチェックできるようになってきたと思います。また、仕事の時間配分、そしてどのように動けば効率が良いのかを考えて動けるようになってきたので、今後は自分の事だけではなく、まわりの人の動きやチームワークを意識していきたいと思っています。何もできなかった私が、少しずつ犬の観察力や飼育に自信が付いてきましたが、それでもまだまだ勉強中の段階なので、今後も引き続きカコにいるモデル犬の力を借りて、たくさんの事を吸収していきたいです。
稲村響子さん
動物看護科2年
稲村響子さん
横浜市立みなと総合高等学校出身
教科書では学べない事を実習を通して学んでいます。
治療実習では、獣医師が治療しやすいようにすることはもちろん、動物に負担をかけないように、犬の様子や気持ちを常に考えて保定(押さえること)をしています。 実習では、一頭一頭性格の違う犬を相手にするので、嫌がらない押さえ方や力加減などを学んでいきます。特に難しいのが小型犬の保定です。身体が小さいので腕の間をすり抜けてしまったり、骨が細く、きゃしゃなのではじめのうちは力加減がわかりませんでした。しかし、日々の実習を通して経験を積むうちに、どのくらいの力で保定したら安心してくれるかがわかり、今では自信もついてきましたし、犬が身を任して作業をさせてくれるようにもなりました。 突然の犬の動きに対しての判断や、獣医師が求めている事に対しての行動は教科書だけでは学べません。就職したら、診察時の保定は動物看護師が必ず行なう仕事なので、今後も実習を通して犬たちのためにできることをしっかりと学んでいきたいと思います。
鈴木美樹さん
トリマー科2年
鈴木美樹さん
神奈川県立相模原青陵高等学校
カコで学ぶ授業は将来に繋がっていることばかりなので、毎日が本当に楽しいです
カコの美容実習は1年生の頃は学校のモデル犬たちで爪切りや耳掃除、シャンプーなどを繰り返し練習していきます。わたしは、自宅で犬を飼っていたので犬の扱い方には慣れているつもりでしたが、大人しい犬でも最初は上手くコントロールができなくて、犬によって扱い方がまったく違うことを実感しました。そして、犬の扱い方になれるために飼育管理やドッグランでおこなう散歩などに積極的に参加して犬とふれあえる時間を多く作るようにしました。すると次第に、犬たちの行動や考えていることがわかるようになってきて、犬の扱い方を先生方に褒めてもらえるようになりました。トリミングの技術はコツコツと積み上げて身に付けていくもので、自分ではあまり上達に気がつかなかったのですが先生方が見てくれていたことがうれしかったです。わたしは、将来トリミングサロンを開きたいと思っています。トリマーは、トリミングだけでなく、飼育、接客なども必要なので、身につけないといけない技術と知識はまだたくさんありますが、カコで学ぶ授業は将来に繋がっていることばかりなので、毎日が本当に楽しいですし充実しています。
藤原香織さん
トリマー科2年
藤原香織さん
神奈川県立山北高等学校出身
信頼されるトリマーになるため専門知識を学んでいます
社会学の授業では、社会人として働く際に身につけておきたい一般常識から現場で必要な知識を細かく指導してもらえるので、ペット業界に必要とされる知識を学ぶことができます。トリマーは接客業でもあるので、トリミングの技術だけではプロとはいえません。お客様に信頼されるトリマーになるには、元気な挨拶・丁寧な言葉使い・マナー・身だしなみがとても大切なので、学校では日頃から意識して過ごすようにしています。また行動学では、犬のしつけの仕方や犬の行動に対する対処法などを教わります。犬の気持ちを考え、どのように扱ったらいいのかを理解したうえで接すると、自然と犬に対しての扱い方が工夫できるようになってきました。しつけについては、飼い主様に質問されることもあるので、的確なアドバイスができるようにしていきたいです。
大村真澄さん
夜間部トリマー科2年
大村真澄さん
夜間部の授業について
私は、保育士を20年ほど続けているのですが、昔から動物が好きだったということもあり、将来的に近所の愛犬をトリミングできる技術も身につけたいと思って、現在、夜間部トリマー科に通っています。「仕事をしながら勉強するのは大変でしょう?」と言われることがあるんですが、それが全くと言っていいほど大変と思ったことがなくて、学校生活は楽しいです。夜間部は20~40代くらいまで様々な世代が在籍しているのですが、人数が少人数ということもあって、みんな仲が良くアットホームで通いやすいのもいいですね。授業もとても充実していて、犬の骨格や犬種ごとの特徴を学ぶ“獣医学”や“犬学”、1人1頭で学べる“美容実習”は、入学当初なかなか犬が扱えなくて苦労もしましたが、毎日犬とふれあって犬の行動や気持ちがわかるようになると段々と扱い方が上手になってトリミングも今では仕上げまでできるようになりました。私もそうですが、将来について迷っている人も多いかと思いますが、自分が好きなことを学べる毎日はとても楽しいですし、充実しています。動物が好きで、動物に関わる仕事をしたいと思っている方は、夜間部トリマー科おすすめですよ。
入学案内
  • イベント情報 体験セミナー・授業見学
  • カコブログ
  • カコの自慢の生徒たちにインタビュー!
  • 校内のモデル犬紹介
  • カットモデル犬募集中
  • 企業の方へ 求人票様式PDFはこちら
  • 友だち追加