カコトリミングスクール・カコ動物看護学院
受付時間 8:30~17:30
アクセス

5F アニマルケアルーム・産室・手術室

HOME5F アニマルケアルーム・産室・手術室
モデル犬
カコでは校内にモデル犬を250頭飼育管理しています。そしてそのモデル犬たちのお世話はトリマー科・動物看護科の生徒が行い、犬の扱い方や観察力を磨いています。動物を理解するためには学ぶことも大切ですが、慣れることが必要なのでより多くの動物とふれあう環境をつくっています。
太陽光採光システム
屋上に設置したレンズから太陽光を吸収し、アニマルケアルームまで自然光を届けています。犬の健康面を考えた設備です。
ケアルーム
モデル犬たちがたくさん飼育されていても空調管理とともに衛生管理を徹底しているのでいつでも気持ちのよい空間を維持しています。
アニマルケアルームでは250頭のモデル犬が飼育されています。そのモデル犬たちは生徒たちが愛情を込めてお世話をしているため、“犬一倍”元気です。なお、モデル犬は4~5歳までには里親を募って、一般家庭(概ね卒業生や在校生)に引き取られるため、一生をカコで過ごすわけではありません。
なお、校内のモデル犬はワクチン接種・狂犬病予防接種・フィラリア投薬済みなので、健康で安全に飼育管理されています。

産室 ~仔犬たちのお部屋~

産室イメージ
母犬・仔犬のお部屋です。トリマー科・動物看護科の両学科で、妊娠中の母犬の飼育、出産のお手伝い、仔犬の飼育などが学べます。産室はアニマルケアルームの奥にあるので、母犬が安心して仔犬を育児できるような環境になっています。
ミルク
ミルクを飲んだ量を確認して仔犬の成長をサポートします。食後はお腹の張り具合も確認します。
離乳食
お皿から上手に食べることができない仔犬もいます。慣れないうちはスプーンから、一人で食べられるまで根気良く手助けをしてあげます。
体重
体重測定によって成長を確認します。また、犬種によっても違いが出るので、たくさんの子犬を育てながら勉強します。
健康チェック
1頭1頭の子犬の健康をチェックし、正常と異常の違いがわかる動物のプロを目指します。より多くの子犬を確認しましょう。

検査室

検査室イメージ
本物の動物病院と同じ環境で学べる検査室。各種検査機器や1人1台で検査できるように顕微鏡を多数設置し各種検査をサポートします。また、奥には手術室があり、手術・治療・薬剤の管理など様々なことが学べるようになっています。
顕微鏡
本物の検体を使用して検査するなど動物病院と同じ環境で実習します。検査内容によっては薬剤も使います。
遠心
検査内容によっては遠心分離器にかけ、検査結果を出していきます。本物の検体で勉強しましょう。
血液
顕微鏡で検査する前に検体を準備する必要があります。準備から検査結果を出せるまで全ての作業を行います。
血液検査
血液検査では必要に応じて染色して検査していきます。最初は指導されていても、自分で薬剤を選んで検査できるように学びます。
血球計
血球計で血液の状態を検査します。手術前には数値を出して正常な状態か確認することも実習します。
薬理学
動物病院では薬剤を処方するときに分包します。そこで、1回あたり必要な分量を準備し、分包機で小分けにすることに慣れておきます。

手術室

手術室
主に避妊・去勢・歯石除去の手術を行う手術室。麻酔器・エコー・消毒器・スケーラーなど様々な機器と薬品が並ぶ施設です。手術以外にもモデル犬のケアや薬理学の授業でも使用。本物の環境で動物のプロを目座します。
手術
手術実習では健康維持につながる歯石除去や、病気の回避になる避妊・去勢の手術で麻酔管理など実践で学びます。
器具
器具は名称を正確に覚える必要があるため、繰り返し学びます。同じように見えても違う用途の器具があるので注意が必要です。
エコー
校内モデル犬が出産しているので、エコーを使い子犬の成長を確認します。各種検査の保定法なども学べます。
治療実習
校内モデル犬に獣医師が診断し、必要があれば投薬も行います。犬の習性を理解し実習することで負担なく行えます。
点滴
点滴器のセッティングや流量の計算と設定方法まで全てを学びます。手術後の管理も含めとにかく実戦形式です。
薬理
投薬する前にモデル犬に応じた分量の薬を準備することもあります。1頭1頭のために正確に量っていきます。
学校案内
  • イベント情報 体験セミナー・授業見学
  • カコブログ
  • カコの自慢の生徒たちにインタビュー!
  • 校内のモデル犬紹介
  • カットモデル犬募集中
  • 企業の方へ 求人票様式PDFはこちら
  • 友だち追加